本文へ移動

組合のあゆみ

奥州金ケ崎行政事務組合

2008年(平成20年)04月
3組合(胆江地区広域行政組合、胆江地区消防組合、胆江広域水道企業団)の統合により「奥州金ケ崎行政事務組合」が発足
水道用水の暫定供給を開始(7,550㎥/日)
2009年(平成21年)05月
新金ケ崎分署庁舎完成
2011年(平成23年)02月
一般廃棄物最終処分場完成
2013年(平成25年)03月
新胆沢分署庁舎完成
09月
浄水場第2期工事完了(7,550㎥/日→14,600㎥/日)
2014年(平成26年)04月
胆沢ダムを水源とする本格供給を開始(14,600㎥/日)
2015年(平成27年)04月
夜間診療所を開設
2016年(平成28年)05月
岩手県央消防指令センター運用開始
消防救急デジタル無線運用開始
江刺消防署東分遣所運用開始

旧胆江地区広域行政組合

1962年(昭和37年)02月
胆江地区衛生処理組合設立(水沢市、江刺市、金ケ崎町、胆沢村)
1964年(昭和39年)03月
前沢町加入
し尿処理施設完成(72kl/日)
1965年(昭和40年)09月
ごみ焼却施設完成(40t/日、バッチ式)
1970年(昭和45年)04月
衣川村加入
07月
舗装用土木機械の管理運営事務の追加
「胆江地区衛生及び舗装機械組合」に名称変更
1971年(昭和46年)09月
し尿処理施設増設(72kl→147kr/日)
1973年(昭和48年)11月
連続燃焼式ごみ焼却施設完成(60t/日×2炉)
1980年(昭和55年)02月
粗大ごみ処理施設完成(50t/5h)
1988年(昭和63年)04月
「胆江地区広域行政組合」に名称変更
1994年(平成06年)09月
新ごみ焼却施設完成(120t/日×2炉
胆江地区広域交流センター完成
1998年(平成10年)09月
新し尿処理施設完成(276kl/日)
1999年(平成11年)04月
介護認定審査・判定業務の追加(10月審査会業務開始)
2003年(平成15年)03月
胆江地区広域火葬場さくらぎ苑完成(火葬炉5基、小動物炉1基)
2008年(平成20年)03月
3組合の統合により胆江地区広域行政組合を解散

旧胆江地区消防組合

1971年(昭和46年)02月
胆沢地区消防組合設立(水沢市、前沢町、金ケ崎町、胆沢町、衣川村)
04月
消防本部、水沢消防署、金ケ崎分署で業務を開始
12月
前沢分署、胆沢分署、衣川分署で業務を開始
1978年(昭和53年)07月
新消防本部(水沢消防署)庁舎完成
1985年(昭和60年)04月
胆沢分署新築・移転
1993年(平成05年)04月
消防緊急通信システム運用開始
2005年(平成17年)02月
高機能消防指令センター整備工事完成
2006年(平成18年)02月
江刺市消防本部と統合して「胆江地区消防組合」が発足
03月
新前沢分署庁舎完成(県内初のヘリポート併設)
2007年(平成19年)03月
新衣川分署庁舎完成
2008年(平成20年)03月
3組合の統合により胆江地区消防組合を解散

旧胆江広域水道企業団

1988年(昭和63年)02月
胆江広域水道企業団設立(水沢市、江刺市、金ケ崎町、前沢町、胆沢町)
1990年(平成02年)07月
水道用水供給事業経営認可(厚生省)
1999年(平成11年)12月
厚生省に建設変更計画書を提出
2005年(平成17年)09月
浄水場第1期工事着手
2007年(平成19年)03月
浄水場第1期工事完了(7,550㎥/日)
圏域人口・世帯数
奥州市 116,583人 45,472世帯
金ケ崎町 15,629人 6,060世帯
132,212人 51,532世帯
令和元年5月31日現在
 
構成市町ホームページ
0
2
7
0
7
0
TOPへ戻る