本文へ移動

組合の概要

 奥州金ケ崎行政事務組合は、奥州市及び金ケ崎町の1市1町の行政事務の一部を共同処理するために設置された一部事務組合(特別地方公共団体)です。
 これまで胆江地区にあった3つの一部事務組合(胆江地区広域行政組合、胆江地区消防組合、胆江広域水道企業団)を統合して、平成20年4月1日に発足しました。
 
 
 
構成市町

 奥州市、金ケ崎町(1市1町)
 
 
組合の共同処理事務

  • 胆江広域水道用水供給事業の経営に関すること。
  • 介護保険法における要介護認定及び要支援認定の審査及び判定の業務に関すること。
  • 休日診療所及び夜間診療所の設置、管理及び運営に関すること。
  • 火葬場の設置、管理及び運営に関すること。
  • 胆江地区広域交流センターの設置、管理及び運営に関すること。
  • 一般廃棄物処理施設の設置、管理及び運営に関すること。
  • 消防の事務(消防水利施設の設置及び維持管理並びに消防団に関する事務を除く。)に関すること。
 
 
 
執行機関

 管理者   倉 成   淳(奥州市長)
 副管理者  髙 橋 寛 寿(金ケ崎町長)
       小野寺 隆 夫(奥州市副市長)
 
 
 
〇職員数

 定数及び職員数
区分定数職員数
事務局職員29人29人
消 防 職 員170人170人
合 計199人199人
・事務局職員は企業職員も含む
 


圏域人口・世帯数
奥州市
112,216人
(△65)
46,416世帯
(60)
金ケ崎町
15,299人
(△6)
6,282世帯
(17)
127,515
(△71)
52,698世帯
(77)
令和4年8月31日現在 ()内は前月比
 
構成市町ホームページ
2
0
7
8
6
9
TOPへ戻る